サロン脱毛or医療脱毛どちらがいい?

サロンで脱毛しようか、病院や皮膚科で脱毛しようか、悩んでいる方もいると思います。
医療脱毛とサロンでの脱毛はそれぞれ異なり、「脱毛は必ず医療でうけましょう。」という意見もあります。

しかし実際のところは、必ず医療でうける必要はないと思います。
この意見は病院側のものであり、言わば病院で脱毛してもらうための宣伝文句にすぎません。
エステの脱毛を非難する医者などもいますが、今のエステ脱毛のレベルは相当なものです。
厳しい脱毛の研修をうけた脱毛士が揃っているサロンもたくさんあり、病院の脱毛士よりはるかに腕のいいエステティシャンも数多くいます。

エステのが非難されるのは、過去に悪徳エステと言われるサロンで、無理な勧誘や売り込みで高額なローンなどを組まされたり、脱毛などの知識の乏しいエステティシャンが施術し、お肌にトラブルがおきたりと、多くの被害者がでたためです。

しかし今では法律が変わり、無理な勧誘も禁止され、クーリングオフという制度もあるので、こういったトラブルはほとんどなくなりました。

口コミや評価でもわかるように、エステでの脱毛で、満足のいく結果を得ている人はたくさんいらっしゃいます。
病院かエステか、一概にどちらがいいとは言い難いのが現状です。

それぞれのメリットデメリット

メリット デメリット
医療レーザー脱毛
  • 永久脱毛が可能
  • 医師が常にサポート
  • 脱毛の完了が早い
  • 医療資格のあるスタッフが施術する
  • 費用が高い
  • 男性の患者もいる
エステ光脱毛
  • 費用が安い
  • 女性で統一されている
  • 店舗数が多い
  • 永久は保証されない
  • 脱毛完了まで時間がかかる

格安で選ぶならエステ脱毛

エステか医療か、最大のポイントは値段にあります。
できるだけ安いお値段で受けた場合は、エステの脱毛しかありません。
格安の病院も増えていますが、やはりエステ脱毛のお値段の安さとは比べられないでしょう。
永久に生えてこないという保証が欲しい場合は医療の脱毛をおすすめします。
自分にはどちらの脱毛があっているのか、よく考えてみましょう。
脇は病院、VIOラインはエステなど、使い分けている女性も多くいるようです。

このページの先頭へ