脱毛の歴史と種類

永久脱毛といえば、一昔前までは電気針脱毛のことをいいました。
しかし針脱毛といえば、一本一本毛穴に針を差し込むので、腕や足など広範囲の脱毛はとても時間がかかるものでした。

脱毛するのに毛を伸ばす必要があり、家での自己処理にも制限がありました。
針を毛穴に指すのでかなりの痛みも生じ、赤く腫れたり、血が出たりと毛穴のトラブルも多く、エステなどでは麻酔を使用することができないので、途中で脱毛をあきらめてしまう人も多く見られたようです。

脱毛士の技術によってもお肌の状態が左右され、肌の弱い方はなかなか脱毛できずにいました。
ですが脱毛の技術は驚くほどのスピードで進化し、今ではレーザーや光脱毛といった方法で脱毛することが当たり前になり、肌の弱い方でも安心して脱毛ができる時代になりました。

早い、安い、痛くないという脱毛が実現し、高額で痛みもあり時間もかかった針脱毛にくらべ、まさに画期的な脱毛が可能になりました。

エステの光脱毛と病院のレーザー脱毛は、光の出力や周波数が異なり、効果も違いますが、施術の流れはほとんど同じです。
どちらも脱毛する部位に美容機器を照射して、毛根を破壊していきます。
効力は病院の方が強いので、脱毛が完了するのは、病院の方が早いでしょう。

サロンや病院によって使用する機器は異なり、産毛などに反応しない機器を使用しているところもあります。 きちんと産毛までつるつるに脱毛したい場合は、その有無をカウンセリングで伝えましょう。

今では全身ほとんどの場所が脱毛可能ですが、まれに部位によって、針とレーザーを使いわける病院もあるようです。
今の時代にわざわざ針脱毛するメリットはほとんどないので、そういった病院はやめた方がいいかもしれません。

いずれにせよ、光脱毛やレーザー脱毛が開発されてから、脱毛が恐くて今までできなかった人も、高いお金を支払うのが困難な1人暮らしの方も、脱毛を利用しやすくなっているといえます。

このページの先頭へ