ムダ毛と呼ばれる部分は?

人間は全身体毛に覆われていますが、実は医学的に見て、「無駄」と呼ばれる毛は一本もありません。
全て必要であり、大切な役割を持って生えているのです。
しかし現代に生きる女性にとって美容上、”いらない部分”の毛があります。
脇や腕、足、人により背中やビキニラインなどの毛は、一般的に「ムダ毛」と呼ばれる部分でしょう。

毛に対する美意識は国によって全く異なり、脇毛を剃る習慣のない国もあります。
アラブなどは男性は、髭を伸ばしっぱなしで剃りません。

日本は特に身だしなみとして、毛に対する美意識は高いようです。 歴史を振り返っても江戸時代などでは、女性はまゆ毛も剃っていたと言われています。

このように、国や時代においても、「ムダ毛」対する意識は全く違います。

しかし今の日本に住んでいる以上、最低限のマナーとして、女性であれば脇や手足、男性であれば髭の脱毛のお手入れはしなければいけないのが現状です。

ムダ毛の処理が当たり前になっている日本では、伸ばしっぱなしという行為は非常識に思われてしまうでしょう。

悪い印象を与えないためにも、放ったらかしは絶対にNG。
きれいに脱毛して、清潔感ある素肌でまわりに良い印象を与えましょう。

ヒゲの生える女子が急増中

口周りや顎のヒゲと言えば男性特有のものであり、あまり女性でアゴや口周りのヒゲに悩むといったイメージはありませんでした。
しかし現代の女性の多くは、ワキやすねと同じように、ヒゲに悩んでいるといいます。

これは女性も男性のように社会に出て、バリバリ仕事をするようになり、食生活の乱れや野菜不足、不規則な生活などで男性ホルモンが増えてしまったことが原因と考えられます。

ムダ毛と呼ばれる部位などは、男性ホルモンが活発になると増えるてしまうものです。
「忙しい毎日を過ごし、お肉中心の食生活や睡眠不足を繰り返していたらいつの間にかアゴにヒゲがでてきた」なんて話は珍しいことではありません。

男性ホルモンが増えてしまうと、生理不順などの原因にもなるので、女性ホルモンを増やすよう野菜や豆乳などを中心とした食生活、睡眠をたっぷり摂るなど、生活リズムを見直しましょう。


このページの先頭へ