体臭について

日本人には少ないと言われていたワキガですが、近年食生活や生活環境が変化したことで、ワキガの人が増えているようです。
欧米には多いワキガですが、お肉を中心とした食生活がワキガ体質を招いてしまうと言われています。しかし欧米人はそれほど気にはしていないようです。

一方日本人は、「自分はワキガではないだろうか。」と気にしている人が多く、ワキガではないのに過剰に悩んでいる人もいるようです。

欧米ではフェロモンの一種と捉えられるワキガですが、日本人は臭いをさせないことがエチケットであり、多くの人がデオドランドなどで脇の臭いを防いでいます。

人間にはアポクリン汗腺・エクリン汗腺という二つの汗腺があり、臭いの原因となるのはアポクリン汗腺だと言われています。
この汗腺からでた汗が、毛に附着し、汚れなどと絡み合い、さらに臭いをひどくさせてしまうのです。
アポクリン汗腺は、脇以外にも、陰部や乳首周り、おへそや耳の穴などに多く集まり、ワキガ体質である場合、これらの部分も臭いが強い体質だといえます。

ワキガ体質は、遺伝が多く締めますが、お肉ばかり食べる人などはさらに臭いがひどくなると言います。
臭いを減らすためにも、野菜を中心とした食生活に見直すことも大切です。

脱毛で体臭が消える?

ワキ脱毛格安サロン内のページでも触れましたが、脱毛することで臭いがマシになったという方が、多いようです。

毛には汚れや雑菌が附着しやすく、それが臭いをひどくさせてしまう原因となるので、その毛をきれいにすっきりさせることで、ワキガの臭いを軽減させるのです。
根本から完治させるわけではありませんが、比較的症状が軽い場合は、ほとんど気にならなくなるでしょう。

また、ワキガ体質の方は、陰部なども同じように臭いを発生させていることがあります。
なかなか自分では気がつかないことが多い部分ですが、VIOラインなどをすっきりさせることで、陰部の臭いなども軽減されるでしょう。
毛が多ければ多い体質ほど、雑菌が附着しやすく、臭いがひどくなりがちです。
自分はワキガ体質だと感じる場合は、陰部などの臭いにも注意した方がいいかもしれません。

毛をなくすことでかなりの臭いを減らすことができるので、そういった意味でも脱毛は、体臭を予防する一つの手段とも言えます。

このページの先頭へ